商品のご案内

国内株式のご案内

国内上場株式

特徴
  • 証券取引所に上場されているため、立会時間中はいつでも売買が可能です。
  • 預貯金は、安全性が高い反面、収益性には限度がありますが、預貯金にはない大きな収益(売買差益)が期待できます。
  • 配当金による収入も期待できます。
  • 株主優待制度を行っている会社では、自社製品や優待券、サービス券等を無料で進呈しています。

ETF(上場投資信託)

特定の株価指数などに連動することを目的に運用される投資信託で、東京証券取引所に上場され、売買されています。

特徴
  • 証券取引所に上場されているため、立会時間中はいつでも売買が可能です。
  • 売買方法は上場株式と同様です。
  • どの証券会社においても売買が可能です。
  • 信用取引が可能です。
  • 設定・交換の仕組みにより、投資信託会社の運用コストが低くなっています。
  • 特定の指数に連動する形で価格が推移するため、値動きがわかりやすく、手軽に分散投資を行うことができます。

J-REIT(上場不動産投資信託)

J-REITとは、投資家から集めた資金をビル、マンション、オフィス、倉庫などの不動産を中心に運用し、そこから得られた賃貸収入や不動産の売買益を投資家に分配する投資信託です。これまで個人投資家が投資対象としにくかった不動産という資産を、新たに投資対象に加えることができる商品として注目されています。現在、東京証券取引所に上場しているのは会社型(不動産投資法人の投資口)です。

特徴
  • 証券取引所に上場されているため、立会時間中はいつでも売買が可能です。
  • 売買方法は上場株式と同様です。
  • どの証券会社においても売買が可能です。
  • 信用取引が可能(銘柄による)です。
  • 配当金に相当する分配金は収益の90%超を分配するなど一定の条件を満たせば、実質的に法人税がかからず、「内部留保」もないので収益がほぼそのまま分配金として出されます。つまりJ-REITは一般の株式などに比べると、投資家に分配金を出しやすい金融商品といえます。

外国株式のご案内

外国株式

弊社では、米国市場上場株式(NY、NASDAQ)をお取扱いしています。
国内店頭取引・現地委託取引・国内委託取引(東証)があります。

外国証券情報
  • 外国株式等の発行者や有価証券に関する情報を法律の規定に基づき記載しています。
  • 国内店頭取引にて外国株式等をご購入される際には、あらかじめ下記の「外国証券情報」を必ずご確認ください。
外国証券情報

お取引方法の選択

第四証券における取引方法は、現地委託取引と国内店頭取引があります。

取引方法 概要 受付時間
現地委託取引 お客様のご注文を、指値注文または成行注文で米国市場に取り次ぐ売買 米国株/9:30~16:00
国内店頭取引 お客様と第四証券との相対取引で、弊社の提示する価格で行う売買 米国株/前場10:10~13:00
    後場13:20~16:00

※その他、東証に上場されている外国株は、国内株同様日本円で売買できます。
詳しくは、お近くの店舗までお問い合わせください。

売買単位 お近くの店舗までお問い合わせください。
最低買付代金 現地委託取引の場合は、1銘柄100万円以上、国内店頭取引の場合は1銘柄20万円以上からご投資いただけます(売買単位は銘柄により異なりますので、お近くの店舗までお問い合わせください。)
ご注文期限 当日限りとなります。
手数料等
現地委託取引 国内店頭取引
現地手数料等及び国内委託手数料をお支払いいただきます。 弊社の提示する価格に含まれています。

お取引に当たってのリスク等について

  • 株式等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動により、価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • 株式等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。
  • お取引に際しましては、「上場有価証券等書面」の内容を十分お読みいただき、ご理解いただいた上で、最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でお願いいたします。
お問い合わせ 店舗一覧 手数料のご案内